Top ブログ>ブログサービスの収益性
2006年01月18日

ブログサービスの収益性

 このブログを書くのに利用させて頂いているseesaaブログやライブドアブログ・アメーバーブログなど様々なブログサービスが出ており、その利用ユーザーも閲覧ユーザーも増えています。
 しかしそのサービスからどうやって収益をあげるかが、各社の悩みのタネのようです。利用者はほとんど無料のブログを利用しているのが現状です。
そして広告もあまり大きいバナーなどをのせると利用者が離れるし、小さい目立たないバナー広告だと広告料があまりとれません。  そんな中でブログサービスの収益化に成功しているのがサイバーエージェントのアメーバーブログのようです。
サイバーエージェントは「ブログの雄」になれるのか
“コンテンツマッチ広告”と“タイアップブログ”の2つの広告を収益にしようとしているようです。

“コンテンツマッチ広告”とは、サイトの内容にあわせたテキスト広告が自動的に表示される広告で、サイトを見ている人の興味にあった広告が表示される確率が高くクリック率やコンバージョン率も高くなります。
 アメーバブログでは、“ブログクリック”というコンテンツマッチ広告を提供しています。  コンテンツマッチ広告で一番成功しているのはおそらくgoogleのアドセンス(広告主側からはコンテンツマッチ)ですが、様々な分野の記事があるブログにターゲットを絞ることで差別化しブログクリックも一定の成功をおさめているようです。携帯サイトバージョンもあります。

“タイアップブログ”とは、商品やサービスを紹介するブログを作成し、そこの課題にたいしてトラックバックやコメントをすると賞品があたるなどのキャンペーンを行うものです。アメーバブログのトップページからタイアップブログへと誘導して多くのブロガーからのアクションを狙います。
 一番話題になったのがセブンイレブンのおでんブログなどです。現在ではリゲインなどがやっていて面白いコメントが集まっています。具体的なサイトからの効果が見えにくい各種大手メーカーなどが興味を持つことが多いようです。
 まさに他のメディアではできないインターネットならではのユーザーからのアクションも可能な双方向性をもったインタラクティブな手法です。

 2つとも大変面白いインターネット広告なのですが共通の弱点として媒体主が、インターネット広告専業代理店のサイバーエージェントというのがあります。  他のインターネット広告代理店には売りづらいのです。もし、ブログサービスでアメーバーブログを凌ぐシェアを持つライブドアなどがタイアップブログなどをはじめれば他の代理店はそちらを売る可能性が大きいです。
 ということで、もしライブドアの方が見ていたら検討してみてはいかがでしょうか?


posted by みかん at 01:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。