Top その他>インターネット広告業界の平均勤続年数
2006年08月06日

インターネット広告業界の平均勤続年数

社名
平均勤続年数(年)

ヤフー
2.2
エキサイト
3.6
オールアバウト
1.8
カカクコム
1.9
まぐクリック
1.4
サイバー・コミュニケーションズ
2.6
デジタル・アドバタイジングコンソーシアム
1.9
サイバーエージェント
1.6
オプト
1.2
セプテーニ
2.2

週間東洋経済2006年5月13日号引用
 媒体社から代理店までインターネット広告業界の平均勤続年数を順番に並べてみました。
 他業界では10年以上が普通。世間一般で勤続年数が短いといわれている小売業や飲食業でも5年ぐらいはあります。
 こうしてみると思った以上に平均勤続年数が短いというのが素直な感想です。
 もちろん業界自体が新しいのでこの業界で数十年働いている人がいないというのも全体の平均を押し下げている理由の一つではありますが、自分のまわりの実感値としてもこの業界の平均勤続年数は短いといわざるをえません。
 最近はこの業界を目指している方も多いようですが、上記の現実があることは知っておいて欲しいと思います。
 もちろん3年もいれば業界内でかなりのベテランになるという前向きな見方もできます。(実力が比例していないと意味ありませんが・・・)

 実際はどうかわかりませんが、一応「当社は終身雇用を目指しており、長期に渡って働ける環境づくりに務めています。」というサイバーエージェントの考えには個人的に賛同します。


posted by みかん at 23:19 | Comment(3) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
個人的には
転職・独立が多い業界のような気がします。

あと労働環境の問題もあるかも・・・?



Posted by 気になるIT関連NEWSをピックアップ! at 2006年08月09日 01:30
 確かに業界内での転職・独立は多い業界ですね。
 個人的にも仕事は好きなんだけど労働環境がもう少し改善して欲しいというのが本音です。
 
Posted by みかん at 2006年08月09日 23:52
うわーすごいですね。
自分は上記の会社の1社へ転職を考えています。
もともと広告関係の人間で、こちらも
平均勤続年数は少ないのですが、
ここまでひどくはないですね。
Posted by noriwo at 2006年10月27日 12:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/22016705
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。