Top 広告事例>ウサタクの話
2006年09月16日

ウサタクの話

 TVや交通広告で検索キーワードを指定して自社サイトへの誘導をはかる手法が最近は大企業から中堅企業まで浸透してきていますがその一つです。
 TVCMではキムタクがウサギ男(?)になってしまう。そしてWEBへ誘導。
 大体この手の手法はCMの続きの動画がWEBで流れてたりするのですが、個人的にはなんだかインターネットで動画を見るという行為には少々ストレスを感じます。
 これはウサタクの部屋に行けるというもので面白い。



 部屋の中にはいろいろ仕掛けがあり、バクチク投げられたり、動画が流れたりといろいろです。上にはっているバナーやさらに壁紙・動画など隠されてたります。
 やっぱりおもしろいバナーとか用意されるとブログで貼りたくなりますね。特に隠れページとかにあると、これみよがしに貼ってくださいと用意されているバナーより貼りたくなる気がします。
 記事として紹介しているブログも結構多いようです。そうするとブログからの誘導が期待できるし、altタグなどを設定してSEO効果を持たせることも可能です。

 なんかのインセンティブではなく一般の人がすすんで貼りたくなる口コミマーケティング、バイラルマーケティングとしても成功例だと思います。


posted by みかん at 14:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広告事例
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/23842848
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。