Top その他>ブランディングとは
2006年11月16日

ブランディングとは

 マーケティング用語として使われる“ブランディング”という言葉。なんだか雲を掴もうとしているようなはっきりしない用語である。  goo辞書を引用してみる。

ブランディング 経営・販売上の戦略として,ブランドの構築や管理を行うこと。会社・商品・サービスなどについて,他と明確に差別化できる個性(イメージ・信頼感・高級感など)をつくりあげる。

 やっぱりわかりにくい。自分なりに解釈してみました。

 例えばがソニーがパソコンのプロモーションを行うとします。その際にソニーが行うのはパソコンのプロモーションではなく“VAIO”を好きになってもらうためのプロモーションを行います。
 もし、パソコンが欲しいだけのユーザーだったら、ソニーの“VAIO”ではなくもっと安く売っているDELLコンピュータや、店頭ですすめられたNECのパソコンを買っていってしまうかもしれないからです。
 しかし、VAIOが好きなユーザーはソニーの商品を買うことになります。DELLコンピュータやNECはVAIOをつくることもできないし売ることもできません。VAIOのプロモーションに成功してVAIOが好きになってくれた一般消費者はみんなソニーのパソコンを買うことになります。他社のパソコンが多少安かったり店員に別のパソコンをすすめられてもVAIOを買うでしょう。
 多くの一般消費者をこの状態するための施策がブランディングです。
 私なりのブランディングの定義を一言でまとめると次のようになりました。

 ブランディングとは、その会社の商品・サービスを信頼して、指名して選んで頂ける一般消費者の数を増やすためのプロモーション

 その点でブランディングが成功しているのがルイヴィトン,グッチといったブランド品になります。
 ただWeb上のインターネットサービスは、簡単にサービスを乗り換える事の出来るのでブランドの効果が薄いかもしれません。

 実際には、指名して選んでもらうためには、広告宣伝活動だけでなく、商品・サービスの質やアフターフォローなどいろいろな要素が必要となってきますので、ブランドの確立は本当に難しそうです。


posted by みかん at 18:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/27609852
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。